[INTERVIEW] MIKA TOYAMA AND THE RELIGION OF GACHAPON

Screenshot 2018-09-05 at 4.25.52 PM.png

As collectors ourselves, we'd argue that there isn't anything intrinsically wrong with toe-dips into light materialism. Like anything else, it's a question of balance and prioritization, taking care not to over indulge, and fall into the realm of obsession. Gacha Gacha lead Mika Toyama plays a character who does the exact opposite, taking us - the viewer - down a distressing path towards dark inevitability.

The actress discusses what happens when we allow consumerism and materialism to manifest as an engulfing manic obsession, turning a toe-dip into a cannonball, and a hobby into a religion. 


Our interview with "Gacha Girl" Mika Toyama

Untitled-344.png

How did you come across the Gacha Gacha film project? Have you worked on other films before?

どのように「ガチャガチャ」に関わるようになりましたか?「ガチャガチャ」の前に演技したことがありますか?
 

Yes in fact, a few independent films in Japan. I've been learning and improving my craft as an actor for over a year now. Many times during my performances I tell myself, “Does this suit what the Director is looking for?" After my first role in a film, I got to thinking, I really want to continue these new experiences. I want to act with new friends, people that don't know me, and hopefully in the process get to know myself better. With this particular film (Gacha Gacha), I came across the audition for the role on the internet.

まず、「ガチャガチャ」の前に、日本の自主制作映画に出演したことは数回あります。演技経験は1年半位しかなく、経験はまだまだ浅く、勉強中です。現場で経験を積む中で、「監督が思い描く世界を作るための努力を私はできているだろうか、何か返せているだろうか、現状で満足していていいのか」と、不安になってきました。「もっと多くの経験を重ね成長したい、新しいフィールドで私の事を全く知らない誰かの元で試してみたい、胸を張れるように頑張ってみたい」という好奇心が沸き始めた頃、ネットで検索していて偶然見つけたのが「ガチャガチャ」のオーディションでした。自分にとっては初めてのオーディションでした。

 

The director remarked on how impressed he was with your audition.  How'd that go, and how did you prepare for the role?

監督さんはオーディションにとても感動したと言っています。実際オーディションはどうでしたか、またその役のために何を準備しましたかましたか?
 

I wasn't happy with my performance, and rode the train home feeling disappointed. So you can imagine how incredible it felt to hear that I had actually passed the audition! To prepare for the role, I studied and worked on both lead character personalities. The first was “Gacha-Girl”, and the other was “Gacha-Rival”, the latter being much more difficult due to the character's lack of facial expression and cold-hearted nature. I also searched “Gacha” on the internet and imagined the kind of people who would love them so obsessively. This lead me to ponder certain character traits and lifestyle choices. What the living room of such a person would look like, were they always prepared with 100 yen coin purses, maybe they only worked part-time jobs, etc. And because my own personality is the complete opposite, it took a lot of work getting into the mindset of my character. I'd stand in front of a mirror, in full concentration, and attempt to express my feelings as subtly as I could using as little facial expression as possible. Ultimately I was just happy to had been given the chance to act, and thrilled to find out that Ms. Yoshida got the part of the rival.

オーディション直後は、正直「落ちた…」と思っていました。色々反省があって、変な汗をかいたまま、途方に暮れながら帰りの電車に乗ったのを覚えています。なので、オーディションが受かったと聞いた時の驚きと喜びと興奮は今も覚えています。オーディションは、ガチャガール・ガチャライバル、両方の演技を2パートずつ演じるというものでした。まず、ガチャガールを演じる上で聞いていたキャラ設定は、「無表情で無感動」。なので、表情や仕草の微妙な変化を見せなければならず、難しいと思いました。オーディションまでの間、ガチャガチャ好きの人ってどんな部屋何だろうとネットで画像を調べて参考にしてみる等、生活スタイルを想像するところから始めました。休日一日あってガチャガチャ巡りするなら常日頃100円玉をストックしているかな…ということは財布も基本小銭ケースで…すぐ家を出られるよう常にガチャガチャ巡りグッズは用意していて…新商品が出た時臨機応変に外出できるよう仕事はシフト制かな…等々、彼女の生活を想像していました。オーディションではそこまでは見られないと思いますが、ガチャガールが普段当たり前のように行うであろう行動を自然と行いたいと思っていました。あとは、私はつい感情を外に出してしまいがちなので、鏡の前で極力無表情で驚く・無表情で喜ぶ練習をしたり、比較的感情が表に出ない友人の表情を思い出してみたり…。

結果それがその場で全て上手く出せたとは思っていませんが、演じるチャンスをいただけて、本当に嬉しかったです。ちなみに、オーディションではガチャガガールもガチャライバルも演じましたが、撮影の際、吉田さんの演技を間近で見た時、改めてガチャライバル役が吉田さんで本当に良かったなと思いました。迫真の演技で、良い刺激となりました。

 

Tell us a little bit about the experience in working with the Phantasmes production crew.

Phantasmesのチームと働く経験について教えてくれませんか?
 

It was an honor to work with the Phantasmes crew, and share in my passion for this work with everyone involved. The cast and crew were very passionate, which resulted in a great working atmosphere.

作品作りが一緒にできて本当によかった、その一言に尽きます。監督が持つ世界観・こだわりを間近で感じながら、そこに自分が関わることができたのが本当に楽しく光栄でした。そして役者の考えを取り入れつつ演出を考えてくださって、とてもやりがいのある現場でした。スタッフもキャストも、初めて集まったメンバーが多い中で、高いモチベーションを持った良いチームで、とても刺激的で楽しかったです。

 

Were there any challenges as a result of language barriers? We understand the director Dave Jackson speaks lousy Japanese, ha-ha.

言語の違いによって何かチャレンジすることがありましたか?監督さんの日本語がひどいと聞きました。(笑)
 

I was a little worried about the language barrier before we started, but it turned out not to be a problem once things got rolling. My English is terrible, but Hoshi - the on set translator - was very helpful. The director and cameraman were also able to communicate through body language, which allowed me to better understand their intentions for each scene. Plus, having had time to rehearse properly and watch Ms. Yoshida perform made things a lot easier. If anything, I think the language barrier put us in a situation where we were forced to better communicate our ideas, though if I have the chance to do something like this again, I'll likely study the foreign language beforehand.

クランクイン前は不安もありましたが、現場に入ってしまえば問題ありませんでした。私はお恥ずかしながら英語がひどく、何となく相手が何を言っているのかは分かるというレベルです。

通訳をしてくださる星さんがいらっしゃったので心強かったということもありますが、その場に星さんがいらっしゃらなくても、監督やカメラマンさんが身振り手振り等もしながら私にわかるように噛み砕いて説明してくださったので伝わりました。監督からしたら、「もっとこうして欲しい、違う」と思うことがもしかしたらあったのかもしれませんが…。あと、現場に入ったら時間との勝負なので、ぶっつけ本番で言語の壁があると難しかったかもしれませんが、事前にリハーサルをしていたことで、監督の解釈と擦り合わせられた部分があったり、吉田さんの演技を拝見できたため全体像が見えていたので、当日やりやすかったという事も大きかったと思います。言語の壁があった分、色々細かな配慮をしていただき、そしてお互い相手の言わんとしていることに一生懸命耳を傾けようという気持ちがあって、結果良いコミュニケーションに繋がったのではないかと個人的には思います。

…ただ、次にもし関わる機会があるならば、最低限映画制作の現場で使いそうな英語をちゃんと勉強しておこうと思いました。そこは私自身の反省です。

 

If you were to classify this film as a specific genre, which would it be? Horror, comedy, romance?

この映画は一つとのジャンルとして分類するとしたら、どれだと思いますか?ホラー、コメディー、ロマンス?
 

I heard beforehand that this was going to be a horror film, but noticed that there were a lot of comedic elements to the story. I'd say it can probably be classified as a horror-comedy then.

オーディションの段階でホラー映画と聞いていたので、演じる上では「ホラー映画」と思って演じましたが、最終的には「コメディ」かな?と思っています。
ホラーコメディ?が一番近い気がします。いまだに、自分の中で分類が難しい作品だと思っています。

 

Your performance was subtle yet effective, and came across so naturally! Were you given a lot of room to interpret the character your way?

當山さんの演技は冷静しかも効力のあって、とてもナチュラルでした!その役をあなたなりに解釈する余地はありますか?
 

Thank you very much, I'm glad to hear my performance came across that way. There is a large contrast between "Gacha-Rival" and "Gacha-Girl". The former is violent, and extremely lonely, while the latter is content with solitude; she isn't interested in relationships at all. For her there is only gachapon. The whole thing with collecting, it's kind of a religion for her, these gachapon resembling some sort of gods in a way. Her aim is to complete the collection. Really, I think everyone wants to believe in something meaningful - and that's good - but as you can see with this film, it can also be dangerous.

ありがとうございます。ナチュラルとのお言葉、とても嬉しいです。

まず、吉田さんの演じたガチャライバルについては、感情的で乱暴で危険な香りのする役ですが、だからこそ人間味がある人だと思っています。孤独を抱え自分の殻から出たいという、ガチャガチャとは別の部分での人間的な葛藤が含まれているキャラクターのようでした。

一方私の演じたガチャガールは、そういった人間的な葛藤は一切なく、物事に対して基本は「無表情・無感動」な人間ですが、ガチャガチャに対してだけは狂気じみた執着心・強迫観念があります。人間関係だとか孤独だとかどうでもいい、あくまで純粋に盲目的にガチャガチャに執着する我が道を行くタイプの人間だと思っています。ガチャガチャを集めた先に何かが待っているとかではなく、ただただガチャガチャを愛し、ガチャガチャを集めることへのプライドが高く、半ば義務的に「私がガチャガチャを集めなければならない、コンプリートしないといけない」と一心不乱に思い、そしてガチャガチャを神のごとく尊い存在として思っているのかと。なので、ガチャガチャ以外のことはどうでもいいという人生なのだと思います。

人間大なり小なり、何かの物事に執着するという経験はあるのだと思いますが、それが極端なのがガチャガールかなと思います。何かを信じて人生を捧げられるのはある意味幸せな人生かと思いますが、何かの拍子に狂気的な部分が出てくる可能性を秘めている気はします。

 

How was it working with your reptilian co-star?

亀のLUSHさんと共演するのはどうでしたか?
 

It was my first time acting alongside a reptile, which was interesting. They aren't easy to control and direct precisely because they aren't human. Even so, I think the two of us played off each other well; the turtle understood me as much as any turtle would I suspect. Having it involved definitely made the film a lot better as a result.

現場での癒しでした。亀のLUSHさんは前日から現場にスタンバイされていて、撮影当日も温かく迎えてくれました。動物がいる現場が初めてだったのですが、「ここを真っすぐ歩いて欲しい」と思っても他の方向に行ったりしてしまって、大変だなぁと思いながら見ていました。人間側も大変ですが、亀側からしても、「何でここを歩かないといけないんや」と、さぞ不満もあったかと思います。途中足を踏まれたり(そこそこ痛いです)、少々反抗もされましたが、仲良くなれたのではないかと思います。そして、作品にとっては、良いアクセントになったのではないかと思います。

 

Are you yourself a collector of gashapon capsules?

當山さんもガチャポンのコレクターですか?
 

No, I'm not in any way a serious gachapon collector. Every once in a while I'll crank a gacha machine when I see one I think I'd like, but I'm hardly Gacha-Girl if that's what you're asking. I don't think there's a single item I collect as passionately as she does the gachapon.

残念ながら、違います。収集はしませんが、たまに欲しいものを見つけたときは、回すこともあります。ガチャガチャ以外でも、ガチャガール程の熱いコレクター根性はありませんね。
Screenshot 2018-09-05 at 4.57.45 PM.png
Untitled-344.png

Great work, we hope to see you in future films!

素晴らしい演技でした。将来にまた吉田佳奈さんの演技に楽しみにしています。応援しますね!
 

CHECK OUT OUR REVIEW OF GACHA GACHA